2020年04月24日

パスタマシン登場!ラヴィオリレッスン


今回は、

手打ちで作るマスカルポーネラヴィオリと
旬のスズキを皮はパリッと身はふっくらと焼き上げ、ブラックオリーブの実で作る絶品ソースのレッスンダイジェストをお送りいたします。

まずは、ラヴィオリ
  1. 強力粉とセモリナ粉を台に乗せ、中央に卵黄、オリーブ油を入れ、内側から少しずつ山を崩すように混ぜていく。全体を混ぜ合わせたらよく練り合わせ、20分ほど寝かせる。IMG_8142.jpg
  2. ボウルにマスカルポーネと茹でたほうれん草(冷凍食品等活用すると便利)パルミジャーノチーズ、ナツメグを合わせ、塩・胡椒で味をつける。
  3. 寝かせておいた生地をパスタマシンにかけて1ミリくらいの薄さに伸ばし、丸型にくり抜く。IMG_8146.jpg
  4. 生地の上に7〜8センチ間隔で親指大の量の2をのせて卵白を接着剤として半分に折る。(半月型)。大鍋に湯を沸かし、茹でる。ラヴィオリが浮いてくるのが目安。
  5. 鍋にバターを溶かし、刻んだセージを加えて、塩・胡椒、パルミジャーノで調味して盛り付け。
IMG_8149.jpg


●ブラックオリーブ風味 鱸のソテー

鱸(スズキ)は、フレンチでもよく使われる白身の魚。淡白な味わいにどんなソースにでも合わせやすい。
  1. ブラックオリーブとオリーブオイルをミキサーに入れ、ペースト状にしておく。
  2. ポテトは、皮をむいて6等分くらいにして茹で裏ごしして塩・胡椒、ミルクを加えて火にかけ最後にオリーブオイルを加えて軽めのマッシュポテトを作る。
  3. 鱸は皮目に切れ目を入れて塩・胡椒をしオイルと熱したフライパンで両面色よく焼き上げ火を通す。010.JPG
  4. 皿に2のポテトをのせ、鱸を上にのせる。ソースと付け合わせを添えて完成。
IMG_8154.jpg

IMG_8152.jpg


もちもちラヴィオリはセージ良い香りが(^^)
鱸のソテーは、皮パリ身はふっくらしており、オリーブソースと良く合っていました。マッシュポテトもオイルで仕上げ軽やかな仕上がりに。
オリーブオイルを構成する脂肪酸には、オレイン酸が最も多く含まれています。
オレイン酸は、悪玉コレステロールを減らし、動脈硬化によって引き起こされる生活習慣病予防につながる働きをもたらします。
体内で作れない必須脂肪酸も含まれていますので、積極的に摂りたいですね!(^^)



posted by chefs at 17:22| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする