2018年12月20日

手軽に本格フレンチ

11月21日
欧州浪漫館 シェ・ホシノ
オーナーシェフの星野 仁志先生によるレッスンダイジェストをお送りいたします。

今回は、毎年11月第3木曜日はボジョレー・ヌーボ解禁の日に合わせ、
ワインに合う料理と実際にボジョレー・ヌーボを使った料理をご紹介いたします。

まずは
ヤシオマスのマリネ
香味野菜(玉葱・セロリなど)を薄くスライスする。
ヤシオマスは強めに塩・胡椒をして上にスライスした野菜をのせ、
1時間以上マリネする。
057.JPG
マリネしたヤシオマスをスライスし、皿にベビーリーフを盛り、
サーモンを並べレモン汁、オリーブオイルを回しかける。
玉葱をベースにしたフレンチドレッシングをかけて完成。

ほうれん草と椎茸のキッシュ
パイ生地はフードプロセッサーで回すだけの簡単なやり方を教えていただきました。
生地は1晩は休ませたほうがいいとのことでした。
059.JPG
型に敷き詰め、オーブンで20分ほど焼きます。

ほうれん草はざく切りに、椎茸は足を取り除き5mm位の厚さにスライスしておく。
にんにくを刺したフォークでほうれん草を炒めていく。ほうれん草に適度ににんにくの香りがつくので、
にんにくの風味はほしいけど、食べるのはちょっと・・という方におすすめのやり方です。
そこへ椎茸を入れ、火が通るまで炒めます。

卵黄多め、生クリーム、牛乳などを混ぜ合わせたフラン生地を作っておきます。
焼きあがったパイにほうれん草・椎茸・フラン生地を流し込み、
064.JPG
上から粉チーズを回しかけ、160度のオーブンで40~50分焼き上げれば完成!
020.JPG

ボジョレーを使って鶏肉のワイン煮込み
煮込み料理は時間がかかるもの・・と感じる方も多いと思いますが、
今回は圧力鍋を使って時短調理をしました!!
鶏肉は大き目の一口大にカットし、小麦粉をはたいておく。
玉葱・人参・セロリは適当な大きさにカットする。
別鍋にオリーブ油を入れ、肉に焦げ目をつけていく。野菜は圧力鍋で炒めておく。
野菜が入った圧力鍋に肉を入れ、ボジョレー、フォンドボー、トマトジュース、グラニュー糖を焦がして作ったカラメルも入れて
蓋をして火にかけ、圧力をかける。
鶏肉を取り出し、煮汁が1/3くらいになるまで煮詰めます。
煮汁は濾して、ソースにします。

生米をブイヨンで炊いたリゾットライスを添えて完成です!

025.JPG

飲めないのがつらい・・!笑

ヤシオマスはくせがなくて、手作りフレンチドレッシングと合い、美味・・!
キッシュはサックり生地にたっぷりのほうれん草と椎茸が入り、食べごたえあり★
圧力鍋で煮込み時間を短縮した鶏肉は、ほろほろ柔らかくてびっくりしました〜〜!
ふわっと香るワインの香りも良かったです。
余ったワインの活用術にもなりそうですね(^^)
楽しいparty menuでした🍴

posted by chefs at 16:52| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする