2018年06月26日

お手軽本格フレンチ♪



こんにちは🎶


梅雨の寒暖差がひどいこの頃ですね、、
皆さまいかがお過ごしでしょうか?

今回は、6月20日に行われました、
欧州浪漫館 シェ・ホシノのオーナーシェフ
星野 仁志先生のレッスンをご紹介します✨

メニューは、
☆小海老のアヒージョ
☆ロティ・ド・ポーク〜茸のクリームソース〜
☆桃のタルト

作り方
☆小海老のアヒージョ
海老は、くさみを取るため、塩と白ワインを加え、ペーパーなどで水けを取る。
小鍋に多めのオリーブオイルとみじん切りしたにんにく、鷹の爪を加え、弱火にかける。
オイルが沸いて、にんにくの良い香りがしてきたら、にんにくと鷹の爪を取り除き、
海老をいれ、ゆすりながら、火を入れてゆく。
マッシュルームも加え、火を強めにして具材に火を入れてゆく。

パセリを加え、塩で味を整えたら完成!
カリッと香ばしく焼いたバケットを添えて、オリーブオイルがぐつぐつしているうちに
いただくのが最高!

003.JPG


☆ロティ・ド・ポーク〜茸のクリームソース〜

まずは、茸のクリームソースから♪
鍋にバターとみじん切りのにんにくを加え、にんにくを焦がさないように、
弱火で香りを出します

玉ねぎ、きのこを加え、ブイヨンで煮ていきます

ベシャメルソース(ホワイトソース)の作り方
鍋にバターを加え、バターが軽く沸いたら、小麦粉を加え、
小麦粉の腰が切れるまで炒める

腰が切れるとは、小麦粉を炒めた時に鍋底がスッと見えることを言います(^^)
焦がさないように注意です⚡

牛乳を少しずつ加えながら、滑らかなソースに仕上げる

先ほどの玉ねぎ、きのこが入ったブイヨンソースを加えて出来上がり!

先生からおいしいお肉の焼き方も伝授していただきました!

豚肉にまんべんなく塩・こしょうをするため、

2018-06-11 012.JPG

!!!
この高さから塩をふっていきます!!
先生すごい、かっこいい✨

フライパンを熱し、豚肉を焼いていきます

2018-06-11 014.JPG

表面にうっすら汗をかいたら、
返します
2018-06-11 015.JPG

いい焼き色💕😵

表面を押して、軽く弾力が感じられたら、
火を止めて、アルミホイルで蓋をして余熱で火を通す。

005.JPG

最高〜〜!!
おうちでごちそう、幸せですね❤

☆桃のタルト

まずは、タルト生地から
土台は、一晩寝かせると生地がなじむので、
前日に作っておくのがおすすめです♪
パートプリゼ(練パイ生地)は、本来ならば、
手をすり合わせて、バターと小麦粉を合わせていくのですが、
今回は、フードプロセッサーで簡単に作っていきます!

小麦粉と1cm角に切ったバター、塩、砂糖をいれて、軽く撹拌します
2018-06-11 003.JPG


こんな風なサラサラ状態に♪

溶き卵を加え、さらに撹拌
おおよそひとまとまりなったら取り出し、
台の上で折りたたむようにしながら
ひとまとまりにしていく。
ラップに包み、最低でも3時間、一晩寝かせるのがベスト

ねかせた生地を、円形に3mm位になるように
のばしていく。タルト型に敷きこんでいく。

2018-06-11 006.JPG
タルトストーンをのせて、
180度のオーブンで焼く。

桃のコンポートを並べて、
2018-06-11 011.JPG

作っておいたアパレイユを流し、
160度のオーブンで表面が縦揺れしなくなるまで焼く。

完成!
006.JPG




2018-06-11 022.JPG

皆さんとっても美味しくできました〜!!


星野先生は、野菜の切り方や包丁の持ち方も教えてくださいます(^^)
初心者の方はもちろん、もっと料理の腕を磨きたい方には、プロの味に近づけるコツを
教えてくださいます♪今後も先生のレッスンにご期待ください✨


posted by chefs at 17:21| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする