2018年07月09日

アレンジ菓子パン♪



皆さまこんにちは。

7月8日に行われました、ブランジュリー・ブーレの沓澤先生のレッスンを
ご紹介いたします♪

MENU
☆アレンジ菓子パン

今回は、手ごねパンの作り方も教えていただきました〜!!
手ごねパンは、生地のグルテンを強くするために
たくさんこねなければ、良い生地にならないため、
とっても力のいる作り方です。。ですが、今回は、時間をかけることで
自宅でも美味しく易しく手ごねパンができるやり方を教えていただきました。

使った小麦粉は栃木県で開発された『ゆめかおり』
沓澤先生も開発に携わられたそうです。

小麦粉にスキムミルク、砂糖、食塩を加え、
卵黄と水を混ぜていきます。

ひとかたまりになるようにこねていきます。

まだ表面がボコボコの状態
20180708ブーレ 004.JPG

生地を休ませながら練っていくことで生地へのダメージを減らし、
なめらかになるように捏ね上げることができるそうです✨

20180708ブーレ 006.JPG

マーガリンを入れてどんどんこねていきます
さっきより表面がなめらかに💕

休ませる→マーガリンを加えて捏ねる→休ませる
を繰り返し、酵母を入れ、台に叩きつけながら捏ねていきます。
少しちぎって真横に伸ばし、下に生地を向けた時に伸びたり縮まなければ、
生地の出来上がりのサイン☆
これは、見て、実際にやって感覚をつかんでいくことが大切なんだそう。。
この生地の状態を知っておけば、気温や湿度に合わせた生地づくりができて、
毎日一定したパンができるようになるそうです!
この感覚をつかむまでには、長年の努力と鍛錬が必要なんだとか。。
作り方を知るとパンはとっても奥が深くて魅力的な食べ物なんだと気づかされました👀✨


菓子パンの形成方法も教えていただきました(^^)
生地と同じ重さのあんを用意し、
手のひらで生地を平たく伸ばし、あんを詰め、両端をつまんであんが出ないように
包んでいきます。
20180708ブーレ 008.JPG
真ん中をギュッとつぶしたり、

20180708ブーレ 011.JPG
あんを包んだ生地を平たくのばして
三等分にして三つ編みにしてくるっと巻いたり、
20180708ブーレ 010.JPG
上にしんびき粉やけしの実をふったり、
皆さん自由にやっていただきました!

20180708ブーレ 014.JPG
さあ、焼いていきます!

温めておいたオーブンで8分ほど焼いたら完成❤
20180708ブーレ 015.JPG
ふわふわでやわらかなパンが完成しました(*^ω^*)

生徒の皆さんもそれぞれ個性あふれる
素敵なパンに仕上がりました♪

20180708ブーレ 017.JPG
20180708ブーレ 020.JPG
20180708ブーレ 018.JPG
20180708ブーレ 021.JPG
20180708ブーレ 019.JPG
20180708ブーレ 016.JPG

次回沓澤先生のレッスンは、9月9日(日)
メニューはバケットの予定です♪
皆さまのご予約お待ちしております(^^)








posted by chefs at 14:14| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする